マオリ&羊の毛刈り

いつも通りの朝ごはんを食べてから、学校へ行った。

今日はサラは、学校が4時間しかなくて、私はマオリの村であるマエラに行くので、全部授業があるので、ヘレンが迎えに来てくれた。しかも行きしなはいつもサラの車でバス停まで行って、一緒にバスに乗るのだけど、サラは今日今年入ってくる子供たちに見せるバトミントンの関係でバスに乗れないので、ヘレンの妹の子供の3兄弟、ケイティたちのバスに乗る場所まで、サラが車で送ってくれた。それでバスがくるまで一緒に待ってくれた。車で待てたのでとても暖かかった。

なんでサラの車に乗って、一緒に学校までいけないのかというと、サラはまだ運転免許のすべてを取り終えていない途中の段階だから、私を街中まで乗せることは法律で許されていないからだ。

学校につくと、サラがバス停で待ってくれていた。

それで図書館まで送ってもらったあとに、友達と会って、すぐにバス停にいった。マオリの村の建物のことをマエラという。

私たちのいったマエラの名前は、テオランガといった。

バスで10分程度のところだった。マエラの中で、歓迎のセレモニーが1時間あって、死ぬほど寒かった。でもこれまでは屋外でやっていたらしい。どこまで寒かったのかなと思う。

でもギターや歌は素敵だと思った。

ネイピアの男の子が3人、ヘイスティングの女の子が3人ずつ一緒にやってきてセレモニーのあとにmornig break timeがあって、クッキーやチョコケーキや紅茶などを用意してくれていた。

そのあとはこの子達がダンスを教えてくれた。

マオリっぽいダンスだ。なかなかおもしろかった。あしたネイピアで見せるらしい。

男子は伝統的なハカをならっていた。
そのあとランチタイムがあって、またダンスまたはハカを教えてもらったあと、前のマラエに戻って、マオリ語のセレモニーがあって、
最後はもう一度別れに鼻をくっつけて、記念写真をとったりして、バスで帰った。バスが予定より早く着いたので、ヘレンとの待ち合わせの時間まで友達としゃべって時間をつぶしていると、今日子供たちに見せるバトミントンをするために着替えたサラにあった。
それでサラと話していたらヘレンがきて、3人で話していると、校長のMRフラジルさんが、きたので少しはなしてから、ヘレンの車で二人で帰った。途中、ガソリンスタンド内の、コンビニでミロのKINGSIZEのバーを買ってくれた。
おなかがすいていたので車内で食べてしまった。おいしかった。
それで家の近くまで差し掛かったときに、トラックとすれ違ったときに知り合いだったようで、」Uターンしてしゃべりに行くと、どうやらどこかへいくことに決まったみたい。
少し車で走って着いたのは、トタン屋根の真っ赤な小屋。その前で車が止まった。
それでそのトラックのおじいさんと、ヘレンとで、

その小屋からラムのなきがらを10体くらい出してきて、うちの車の後部に積んだ。正直それを見たときは驚いたし、嫌だった。結構無造作に積まれているから、子羊がかわいそうに思った。これは産業としてしかたがないことなのかもしれないけれど・・。

ラムの毛はとても柔らかくて暖かいのだ。

そういえば、私もラムウールのマフラーをしているけれど、こうやってつくられるのかなぁと思った。

 

The following two tabs change content below.
まい ~異世界にアクセスする人~

まい ~異世界にアクセスする人~

28歳女性。兵庫県神戸市在住。血液型はB型です。 関西大学 法学部卒。英語が得意でTOEICは公式テストで830点。 趣味は、料理・カメラ・旅行。 韓国好きで、KPOPをよく聞きます。韓国語話せます。 好きな俳優はヒョンビン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

まい ~異世界にアクセスする人~

28歳女性。兵庫県神戸市在住。血液型はB型です。 関西大学 法学部卒。英語が得意でTOEICは公式テストで830点。 趣味は、料理・カメラ・旅行。 韓国好きで、KPOPをよく聞きます。韓国語話せます。 好きな俳優はヒョンビン。