【映画】君の膵臓をたべたい【号泣】浜辺美波・小栗旬・北川景子 ミスチルの主題歌

タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、桜良と過ごした数カ月間の思い出をよみがえらせていく。高校時代の“僕”は、膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記を見つけたことをきっかけに、桜良と一緒に過ごすようになる。そして桜良の死から12年後、彼女の親友だった恭子もまた、結婚を目前に控え、桜良と過ごした日々を思い出していた。大人になった“僕”役を小栗旬、恭子役を北川景子がそれぞれ演じる。「黒崎くんの言いなりになんてならない」などの新鋭・月川翔監督がメガホンをとり、「ホットロード」「アオハライド」など青春映画に定評のある吉田智子が脚本を担当。

引用元 映画.com http://eiga.com/movie/85608/

映画「君のすい臓をたべたい」を見てきました。

友人が書籍を読んだことがあり、

すごく面白いっていってたから気になっていたんですが、映画化されたので見てきました。

 

泣ける

今の自分は、偶然ではなく、すべて自分自身が選んできた結果であるということ。

一番響いたフレーズが、

違うよ。偶然じゃない。
私達は皆、自分で選んでここに来た。
君と私がクラス一緒だったのも
あの日病院にいたのも、偶然じゃない。
運命なんかでもない。
君が今までして来た選択と
私が今までして来た選択が
私達を会わせたの。
自分の意思で出会ったんだよ。

感動

 はじめて知った女優さん 浜辺美波さん

香港人のいつも日本語を教えている生徒さんと見たのですが、彼が、「劇中の女の子がはじめはかわいくないと思っていたけど最後にはかわいく見えてきたし、最後は泣いた」といってた。

私も最初は演技がちょっとわざとらしいというか。特に女の子の演技がオーバーであざとく思えたのですが、見ているうちに、気づいたら号泣していました。笑

涙を流すのは、ストレス解消になる!

浄化された浄化~

涙をいっぱい流してスッキリ!!

主題歌はミスチル

歌もめっちゃよかったあああああ

The following two tabs change content below.

まい ~異世界にアクセスする人~

外資IT企業 Manager
関西大学卒業後、個別指導塾の教室長、フィリピン留学、大手消費財メーカーのP&Gなどを経て、現在米国資本の外資IT企業でManagerをしている。 2017年に始めた個人事業主としては不動産業に加えて、ITの業務委託や、主に個人向けに心理カウンセラーとして活動している。内観・コーチングセッションが好評。ご相談いただける内容は恋愛、仕事、人間関係など多岐にわたる。自分が生きづらさを感じてきた経験から、一人でも多くのひとがありのままの自分のよさを伸ばして楽しく生きれるように、全力でサポートしている。 アメブロ読者1500人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西大学卒業後、個別指導塾の教室長、フィリピン留学、大手消費財メーカーのP&Gなどを経て、現在米国資本の外資IT企業でManagerをしている。 2017年に始めた個人事業主としては不動産業に加えて、ITの業務委託や、主に個人向けに心理カウンセラーとして活動している。内観・コーチングセッションが好評。ご相談いただける内容は恋愛、仕事、人間関係など多岐にわたる。自分が生きづらさを感じてきた経験から、一人でも多くのひとがありのままの自分のよさを伸ばして楽しく生きれるように、全力でサポートしている。 アメブロ読者1500人