【シェアハウス】台湾からワーホリできた女の子、キャシーとリビングで飲んだ

キャシーがビールを買ってきてくれた。

私はシェアハウスでの暮らしが、嫌なこともあったし、気に入っていたこともあった。

嫌だったのは、古い家なので衛生面だ。やはり実家が一番落ち着く。

でも気に入っていたこと、それは同じ家にすむ、台湾からワーキングホリデーできていた女の子との交流だった。

私は、激務の塾を辞めるのが決まっていた。だからこの家を出ていくことももう決まっている。

キャシーとキッチンで立ち話をしていたら、キャシーが、「なんか、飲みたい気分ですね」
という。「飲む?」といって、キャシーが、自転車で、走って、ビール②本買ってきてくれた!優しい。。

それで、深夜までリビングで2人で飲んでいた。

いっぱい話した。

キャシーの話

キャシーが、台湾にいたときの仕事の話をしてくれた。フィリピンのひとが、電気の回路つくるのに
労働できていたからそのリーダーは台湾人だから、台湾人の台湾語を英語になおしてフィリピン人に伝える通訳をしていたそうだよ。

英語も、もちろん中国語も、堪能で、いいね。

でもキャシーそのあと⑥年台湾の貿易会社につとめてて、フィリピンも出張でいったけど、
フィリピンは四季がないのだそう。雨季と乾季ですって。
でキャシーいったの雨季だったから、道が、プールみたいになっててやばかったらしい。笑

でも、私も、カンボジアにNPOのボランティア活動で訪れたとき、スコールの時そんな感じだったから
だいたいイメージはできる。

これからの自分の将来に悩んでいたから話聞いてもらった

キャシーにわたしがこれから行くなら、フィリピンがよいか、
オーストラリアがよいか相談したらキャシーはオーストラリアがよいとおもうって教えてくれた。

ただ、オーストラリアいくなら①年いきたいし、そしたら①年、年取るのがネックだな。
フィリピンなら、いっても短期の留学で、③か月だから、そこまで、影響がない。

まあ①年なんて本当はどこにいようが、年はとるのだけど。

シェアハウス生活もあと少し。

振り返ってみて、いま思うことが。

シェアハウスほんまに楽しかったなぁ。。。本当に楽しかった!!

The following two tabs change content below.

まい ~異世界にアクセスする人~

外資IT企業 Manager
関西大学卒業後、個別指導塾の教室長、フィリピン留学、大手消費財メーカーのP&Gなどを経て、現在米国資本の外資IT企業でManagerをしている。 2017年に始めた個人事業主としては不動産業に加えて、ITの業務委託や、主に個人向けに心理カウンセラーとして活動している。内観・コーチングセッションが好評。ご相談いただける内容は恋愛、仕事、人間関係など多岐にわたる。自分が生きづらさを感じてきた経験から、一人でも多くのひとがありのままの自分のよさを伸ばして楽しく生きれるように、全力でサポートしている。 アメブロ読者1500人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西大学卒業後、個別指導塾の教室長、フィリピン留学、大手消費財メーカーのP&Gなどを経て、現在米国資本の外資IT企業でManagerをしている。 2017年に始めた個人事業主としては不動産業に加えて、ITの業務委託や、主に個人向けに心理カウンセラーとして活動している。内観・コーチングセッションが好評。ご相談いただける内容は恋愛、仕事、人間関係など多岐にわたる。自分が生きづらさを感じてきた経験から、一人でも多くのひとがありのままの自分のよさを伸ばして楽しく生きれるように、全力でサポートしている。 アメブロ読者1500人