登山初心者のための最低限の装備と準備 climbing

デート Date Dirary
スポンサーリンク

安全な登山のために

こんにちは、登山初心者のみなさん!今日は、登山を始める際に必要な最低限の装備と準備についてお話しします。安全かつ楽しい登山をするために、ぜひ参考にしてください。

基本装備

バックパック

適切な容量 Back pack: 20〜30リットル程度の容量。

モンベルとAdidasを愛用しています

登山用バックパックは、軽さも大事です。

必要な装備や飲食物を収納できる容量が必要です。

調節可能なストラップ:肩や腰に負担を分散する調節可能なストラップがついていると快適です。

登山靴(トレッキングシューズ)

 防水性があり、滑りにくい靴底のもの。私はニューバランスで買いました。しっかりとしたグリップがあり、足首をしっかりサポートするウォーキングシューズが必要です。ゴアテックスなら防水です

登山用ウェア適切な服装  

動きやすく通気性のある服装がおすすめです。


長袖シャツ(速乾性)


長ズボン(速乾性)・・・・・ジムで履いていたトレーニングのものを使っています


インナー(季節に応じて調整)私はユニクロのエアリズムを使っています。


ジャケット(防風・防水)・・・私は ユニクロのUVカットパーカーが好きです。

防風性や防水性のあるジャケットも必要です。

靴下(防寒・防水)

バンダナやタオル:汗を拭くため。

厚手のグローブ、こけたときに手がずるむけになるのを防げます

必需品 必須アイテム

GPS端末: 登山道を確認できるスマホアプリなども有効。

携帯電話 

:緊急時に連絡が取れるように携帯電話を持参しましょう。
防寒具:急な気温の変化に備えて防寒具を準備しましょう。
緊急時の装備:緊急時に役立つホイッスルや救急キットなども持参しましょう。


予備のバッテリー: スマホやカメラ用。

地図とコンパス

地図:登山ルートや周囲の地形を理解するための地図が必要です。道に迷わないための基本装備。

YAMAPというアプリなら事前に地図をDLできるので、電波の届かない山奥でも見れます。
コンパス:迷子になった場合や方向を確認する際に役立ちます。

飲食物 おにぎり、あんぱんなど


栄養補給:軽量で栄養価の高い食品(エネルギーバー、ドライフルーツなど)を持参し、体力を維持しましょう。行動食・非常食: エネルギーバー、ナッツ、チョコレートなど。

HEALTY PROTEIN+&LOW CARB SOY CHOCO 12本セット チョコレート味 プロテイン チョコバー
https://amzn.to/4cIr3sD
これもおすすめ。

Water 水筒/ハイドレーションシステム: 1.5〜2リットルの水。

 

その他の便利な装備

できれば
ファーストエイドキット:

応急処置用具一式。

夜なら

懐中電灯/ヘッドランプ:

予備の電池も忘れずに。

トレッキングポール: 足腰の負担軽減。

カメラ: 景色を撮影するため。
ゴミ袋: 自分のゴミを持ち帰るため。
折りたたみナイフ: 万が一のための多用途ナイフ。
ホイッスル: 緊急時の合図用。
軽量の座布団: 休憩時に使用。

季節による追加装備

冬季: アイゼン、スパッツ、ネックウォーマーなど。

フリースやダウンジャケット(防寒用)・・・冬季は
夏季: 虫除けスプレー、軽量のウェア、冷却タオルなど。

まとめ

このリストは一般的なものであり、個々の状況や山の特性によって持ち物を調整する必要があります。事前に登山計画をしっかり立て、装備が不足しないように準備することが重要です。

登山は楽しいアクティビティですが、安全を最優先に考えることが大切です。この装備と準備をしっかりと行い、安全かつ楽しい登山を楽しんでください

世界遺産・和歌山・熊野古道のハイキング

The following two tabs change content below.

Mai

1989年、兵庫県神戸市東灘区生まれ。 関西大学法学部法学政治学科卒業。外資CRO、外資大手消費財メーカーのマーケティング部勤務を経て、 外資系IT(米国最大手の通信会社)にて5年間勤務。 TV電話会議システムの日本支社営業統括を担当。 多くのエンタープライズ企業にSaaSシステムを導入。年商13億円の日本法人のカントリーマネージャー。 現在はすべての人が自分らしく生きれる社会をめざして、独立開業。 オンラインにて心理カウンセラーの仕事をしている。Webマーケティング・Webデザインにも精通。

コメント

タイトルとURLをコピーしました