ユキコ道の実践まとめ。実践しての実際の効果 /溺愛チェックリスト大公開/婚活

婚活中のアラサー女性へ。

22歳くらいからずっと早く結婚したいと思ってきました、まいです。気が付いたら32歳になりました。

検索でユキコ道 効果 で検索が多かったので久しぶりにこちらの記事をリライトしています。
⇒検索キーワードユキコ道で1位になりました!!!うれしい。ありがとうございます。

【ユキコ道を知ったきっかけ】 恋愛下手で模索の日々

ユキコ道は、いわゆる、駆け引きノウハウの部類に入ると思うのですが、10年くらい前、18~20歳くらいのときの私は駆け引きとは程遠い猪突猛進でした。
大学生になるまでまともに付き合ったりとかの恋愛経験がなく、ジャニヲタだったので、そのノリを実際の恋愛にも持ち込んでドン引きされて着拒にされるという痛い過去ももっています。(笑)

でも、18~20歳くらいの若いとき一時期は 【こんなに好きなのに叶わない恋】、とか、 【恋に恋してる】感じで、’’好きすぎるのに伝わらなくて苦しい’’’’、みたいな自分に悦に浸ってしまっていた時期もありました。
(浸っているつもりはないけど、恋する自分の気持ちにのめり込んで周りが冷静に見えていなかったのですね。)
それで実際告白して、「俺は○○ちゃんの彼氏ちゃうからな ワラ】(笑)とかラインでいわれて
めっちゃ傷ついたこともあります。

それで恋愛について学ぶようになりました。

恋愛マニュアルを読みはじめた時期

たしか、最初の頃、ぐっどうぃる博士のHPを最初は熱心に見ていた気がする。

博士の本も何冊も読みましたし、どれも恋愛において参考になりました。
そして、博士のHPで初めて、ルールズという本を知りました。これは実際に購入して読みました。

実際この通りやるかどうかは別として、(柔軟さもあっていいと思います)
が、大まかな考え方とか、役に立つと思います。

ほかにもぐっどうぃる博士のすすめている本がいろいろあったので、詳しくは博士のHPを見てみてください。

Dr.ユキコ先生のブログを読んで衝撃をうけ、ファンになる

そのうちに、私はユキコ先生のブログにたどり着きます。ユキコ先生は、無料でブログに恋愛ノウハウを書いてくださっています。
最近では恋愛で溺愛というキーワードをそこら中で見聞きしますが、
一番はじめに溺愛を提唱した、元祖といえるものがDrユキコ先生であるといえますね。

わたしは相談したことはないですが、掲示板でたくさんの相談にものっていらっしゃいました。
全部無料だから本当にすごいですよね。(現在Dr.ユキコ先生のブログは削除されています。衝撃だったことは、
最近このユキコ先生はお亡くなりになっているそうなのです。ネットの記事で読んだものなので情報は定かではありませんが、、、。)

ユキコ先生著書である
書籍版【年収1億円の彼】
は、Amazonではプレミア価格でずっと5万円とかでした。わたしも読めてないです。
今は品切れで5万円だしてもかえないです。いつか手に入れたいな。

22歳~ユキコ道の実践をはじめる

このブログは目からうろこで、それ以来ずっと、私はずいぶんと昔から
ユキコ道という超辛口恋愛指南マニュアルを中途半端に実践していました。

ユキコ道 での出会い方 & ユキコ道を始める以前の前提=経済的自立

基本的に、出会い系などは推奨されていませんでした。
なぜなら、ネットでの出会いでは事件や事故に巻き込まれる可能性が高いからだそうです。

このメソッドでは、自分が一流になれば自然と周りにもそれなりの人が集まってくるという考え方なので、
極端な話医者や弁護士などハイスペックな男性と結婚したければ自分が医者か弁護士になれといっています。
確かにそれならば、どっからどうみても文句ナシですね。

ユキコ道のルール 正社員もしくは、自立して生きていける確固たる収入を持つ(男性に経済的に依存しない!!)

だから、ユキコ先生は正社員(正規雇用)以外の女性の相談にはのってくれません。
でも私は会社員生活がそんなに向いていなかったので、いまは起業で生きていく道を選びました。

正社員の道ではなく、自由なアート型の個人事業主としてファンを幸せにする道を選びました。楽しみます!

ユキコ道での メールのルール(今でいうと、LINE?)

ユキコ道のルール 男性への連絡は、最大3行、1日1通まで

です。
それだけしか連絡しなくても愛されていたらデートに誘われます。
デートに誘わないで電話やメールでただダラダラと絡んでくる男性は単に女性を暇つぶしに使っているだけだそうです。

ユキコ道のルール ”愛のエクササイズ”(叶姉妹風にw)は。とにかく先延ばし。一回彼が諦めるくらい。

それで一度ゆるしたらそっからはいつなんどきでもこたえるのがいいそうです。

効果を実感 ユキコ道 成功

なかなか効果もありました。22~25歳のときに付き合っていた彼氏にもやっていました。

具体的には

ユキコ道のルール 男性に対して自分から連絡を一切しない、

というのは守っていました。

社会人2年目くらい(2013年-2015年)に付き合っていた彼氏には、2~3回目のデートくらいで告白されて、実際、はじめのころは効果抜群で、【○○ちゃんのことばかり、考えている。俺は高校生に戻ってしまったみたい】とか言われていましたし、
ブランド品など、高価なプレゼントもくれました。
大手電機メーカーP社の彼は、若くして課長で、忙しくアメリカとかフランスとかドイツとか、海外出張に飛び回る、背が高くて頭もよく甲斐性のあるすてきだと最初は思い付き合いました。このユキコ道で彼氏が出来た経験から、

すきといってもらえること・これまでの重い自分を改めて男性を自由にすることを学んだのです。
自由にすればするほど、面白いほどに自分に電話もくれるし、執着してくれるようになりました。

ユキコ道を実践するなら全部忠実に守れ! ルール違反をしたら効果半減 私の反省点

これまでの恋愛を振り返ると、自分は、ユキコ道を知っていたにも関わらず、かなりのユキコ道違反していました。

自分のユキコ道違反&反省点
経済的にも精神的にも自立していないこと

出来ていないことはたくさんありました。

ユキコ道のルール 時間厳守!1分も遅刻したらダメ!!

前のP社の彼の話ですが、お付き合いはしたものの、いろいろな理由重なって別れましたが、
私自身も、ユキコ道の実践が完璧にできていませんでした。というのも、自分が何かのセオリー通りやることが苦手なタイプだったためというのもあります。完コピせず、中途半端な実践だったので中途半端な結果に終わりました。

その代表的なユキコ道違反というのが、
いつもデートに遅刻していたんです。
ユキコ道はすべてのルールを守ってこそ、初めて効果が出るものです。

詳しく説明しますね。

ユキコ道のルール デートの翌日連絡禁止

というのがありますが、これをしてもいいのは普段から遅刻しない女性だけ。
遅刻するし連絡なかったらそれって、ただの非常識人でルーズなひとと思われて、終わり。
信頼がないからです。

デートに通常では遅刻しないのに、連絡がないと、
ふだんきちんとしているから、 【魅せる】 になるそうです。

忙しく自立した女性を演出しているつもりが、
ただのルーズな非常識人にならないようにしないとね!

ユキコ道のルール 背筋はピンと!

わたしはかなりの猫背なのでこのルールは全然守れていませんでしたね・・・・。

ユキコ道のルール いつでも、スーパーポジティブ

P社の元カレでいえば、

  • 当時簿記の学校に通っていましたが、簿記ができなくて難しいと言ってしまった
  • 粉もののデート(お好み焼きとか)ラーメンのデートは嫌だと言ってしまった
  • 当時していた医療事務の仕事が大嫌いとマイナス発言ばかりしてしまった

しかし最近では上記もすべて自分が感じたことであり、自分だけの感情なので伝え方は配慮しても、
こういう本音が話せる関係のほうが自分はいいなと思うようになりました。

ユキコ道のルール  凪(凪とは・・・風がやみ波が穏やかになること)の状態をたもつ

わたしはもとから、喜怒哀楽が激しいので凪とは程遠かったですね。
いわば荒れ狂う嵐の海みたいな感じでほんと凪とは程遠いです。
心の中に暴れん坊な龍を飼っていますw
が、これも今思えば余白が足りていなかったのかもしれません。そもそも好きでもない仕事を我慢してやっていたので
少しのことで限界を感じて感情が爆発していたのだと思います。

べたべたしない(超べたべたしてしまう。外でデートしていても彼氏が好きすぎて、デレデレべたベたしてしまう)
• 好きって言わない(超頻繁に自分から好きっていってしまう)

きっと、誰だって、
どうでもいいひと、興味ない人に対しては、ユキコ道のルールにかいてあることは、意識しなくても、できます。

でも、好きな人に対してユキコ道の実践は、まじでいばらの道なのです。
だって、好きなんだから、好きって言いたくなるし、連絡もしたくなっちゃう。

でもそこで自分から連絡したりして、完全に手に入った距離の女性と思われてしまうと、
はじめは好きで付き合えた大切な人であっても、恋愛の高いテンションはみるみる、急降下してしまうそうです。

男性には狩猟本能があるので、手に入りそうで入らないものに燃えるという性質があるようです。
家の冷蔵庫とかって、
無いとマジで困るものだけど、そのありがたみを普段は
特別、意識しないのと同じです。

ユキコ道で愛される女性の法則で、凪・フェザーというのがあって、
海の、凪のときように穏やか・羽のように軽いという意味です。

ですが、私自体が
もともと、ウエッティな性格なんです(笑)

私はタイプとして、
クール&ドライなタイプでは全然なくて

どちらかというと好きな人には盲目状態になるので
ねちっこいとおもう
かなり依存体質だし超重くて、以前の彼氏に対しては
要求要望が多いしすぐ怒っていました

ユキコ道で溺愛される フェザーな女性(フェザー=羽のように軽い、の意味)とは程遠いのですが。
凪・フェザーな振る舞いをナチュラルに身につけたいものですね。

ユキコ道のルール 悪口 批判 一切禁止

私は口が立つし正直者なので
嫌いなモノはキライだし超顔に出るしとくにブリッコな女、媚びてる女、
いわゆる男がいかにも好きそうな女全員まじむりなんですぐ批判しちゃいますね~~~~~
KPOPは個人的にすきだからいいんですが、なんか日本のアイドルグループ
●●48とか●●●46とかもマジ無理~っておもってテレビにうつるとすぐチャンネル変えていました(笑)

ちょっとでも彼が女性の芸能人とかほかの女に興味を示そうものなら、過剰に反応して、「気持ち悪っ!趣味悪っ!」とかすぐゆっちゃっていました。(笑)

↑しかしこれもなぜ毛嫌いしていたのか内観をしてみると、
自分もかわいいとチヤホヤされたい、
男性に素直に甘えてみたいんだ、という願望が隠れていることがわかりました。

長女なので無意識にしっかりしなきゃ!とおもってひとりでがんばるタイプだったため、
要領よく男性に助けてもらう女性がずるい!ゆるせない!!と思っていたみたい。
それとか彼氏や好きな人がそれこそこういったアイドルのことを好きだったこともあり、
完全に 嫉妬していました・・・(笑)。

アイドルじゃなくて、すぐそばにいる私をみて!って思っていたんですね。←あら、かわいい

こんなふうに一見、よくないと思うようなネガティブな感情も、
なぜ嫌なのかな?と思う自分の心の声をきいてあげると、思わぬ宝をみつけることができます。

そしたら素直にその宝に手を伸ばすだけですね!
私も愛嬌たっぷりで男性に全力で甘えてみよう💛!という具合に。(笑)

ユキコ道の私的、最大の厳しさ 2か月で見切ってハイ、次!!

正直に言います。2か月でハイ次、したことないです。できない・・・・・ここが理想と現実のジレンマでして、
もちろん、理想としては、溺愛➡結婚という最高のスタンダードに乗りたいと思うけれど、
なかなか現代社会でこのような溺愛してくれるひと自体が稀有に思います。

それにこれを忠実に実践できる女性は相当いい女だと思います。

やればいいとわかってても、彼氏と別れるという決断は、そこそこの年齢になった女性にとっては彼氏がいなくなることは不安だし、私にはなかなかできなかった。(ただそもそも悩んでいる時点で断捨離したほうがいいというのもあるみたいですね。
最高なら悩むことするらないので、どちらでもいいときは手放すのがいいと、最近本で読みました。)

しかしながら、ユキコ道のノウハウは、重くなりがちな依存気質の女性にとっては、
連絡しぼることなど、簡単にできるものもあるので、
少し取り入れてみることで、恋愛に行き詰っている人悩んでいるひとには、自分のパターンを崩せるきっかけにもなるし、

行動が変われば結果も変わりますので、
よりよい恋愛をしたいけど、どうしていいかわからないときに、物は試しでやってみる
掴みとしてはいいと思いますよ。

騙されたと思って、やるだけ、やってみる価値はあります!!

ユキコ道の実践は厳しいと私は実感しているのですが、その理由は、
ハードルが高すぎてついてこれる男性がほぼいないという点です。(笑)

せっかくユキコ先生は2か月で見切ることを提唱してくださっているのですが、私は、見切るというのがとても苦手です。
でもこのルールが正しかったいうことは、昔の恋愛を振り返ってみると、痛感しました。

【私の実際の苦い体験談】適齢期に結婚に繋がらない相手とズルズル付き合い、年をとるリスクに要注意!

私自身も、22~25歳(2013.07~2015.03月)付き合っていた彼ともずるずると、結婚する気もない相手と、2年半もお付き合いをしてしまった過去があります。女性にとっての華の時期だったのに。
当時日記とか後で読んでみたのですが、
最初こそ溺愛のテンションでしたが、もう、1年以上経ったころの記事を読むと、溺愛でなくなってたのは明白でした。
でも、そんな自分の満足していない扱いを受けながらも、
大手企業に勤める安定した彼と結婚したい、っていう幻想を抱いて、結局約2年半もつきあってしまいました。

恋愛において女性は大事にされすぎなぐらいに大事にされてはじめて満足がいくとおもうし、
溺愛でない結婚生活は不幸だと思う。

恋愛って一種の熱病なんで、
今思えば”なんでこんな人と付き合ってたのかな?”と思うくらいの
別れてもいいレベルの失礼な事件(※名前呼び間違えられた)もありしました。

image
でも当時はそんな失礼な彼からも連絡こないだけでめっちゃ泣いたりしてた。

だから、私としては今この記事を読んでくれている女性に伝えたいのは、
今恋愛で男性に辛い思いをさせられていたとしてもそれは未来から俯瞰してみたら
全然つらくない、むしろそんな男性には冷たくされて、ラッキー。離れていってくれて本当によかった!相性の違い、相手の本性が結婚する前にわかってよかった!
ということです。
これを心理学ではリフレーミングと呼びます。
※リフレーミングとは、物事を見る枠組み(フレーム)を変えて、違う視点で捉え、ポジティブに解釈できる状態になることです。 近年、人材育成や組織マネジメントの分野でも用いられるようになりましたが、もとはNLPと呼ばれるコミュニケーション心理学の概念です。

あなたを悲しませている時点でその男はダメです。

24時間一緒に住んでいるわけでもなく、デートを楽しんでいるだけの関係ですよね、付き合ってる状態っていうたら。

日常の悪い面は表面化しにくいはずです。四六時中一緒なわけでもないし。
結婚前なんて互いの義理の家族の面倒なチャチャもはいらないし、

妊娠・出産・子育てなど女性にとって大変なこともなく、
二人だけの関係で問題がすでにあるならばその問題は確実に結婚後拡大します。
その結婚前の、今ですら辛い思いをさせられているのなら
その人と結婚してもそのつらい思いを40~50年間くらいしなければいけません。
何の罰ゲームでしょうか?

釣る前から餌をやらないような男性が釣った魚に餌を与えるとはおもえないですよね!
あなたのそんな純粋な、大事な愛は、幸せになれる人に向けましょう~♡

見切るときはつらいけど、見切った先でまだ見ぬ素敵な人に出会うこともある。

私は5歳年上の23~25歳まで付き合っていた彼氏からのプロポーズを2年半待ち続けたけどついになかったんで、

見切って、自分が自分の力だけでも食べていけれるように、持ってる強味を伸ばそうと考えて、留学いった過去があります。

でもそこで、年下の韓国人の彼にプロポーズされました。親に反対されて国際恋愛の壁とか覚悟とかもなくて結婚しなかったけれども、この恋愛は本当に幸せなものでした!2年半付き合った彼との別れがつらくなかったのは、魅力的な男性に溺愛されたからです。男性の傷は男性が一番埋めてくれる!男性で受けた傷は男性にしか癒せない。
これは確実にいえる!💛

だから 今の自分の気持ちに正直に聞くといいです。
恋愛でたのしい時間よりもつらい時間のほうが多いならそれはもう賞味期限が切れた恋だと思いますね。

そんな恋愛をしていると、輝きが曇っていくので、見切って、ハイ、次!!ですよ・・!私も肝に銘じたい

やっぱり、溺愛されて結婚したい!♡
ユキコ道は本当に厳しいけど、これを知っているからには、私はユキコ道の成功者を目指したい!

私は、ただ結婚できればいいと考えているわけではなくて、結婚するならば本当に愛があって結婚しないと、
お互い同じ家にいたら手に取るようにテンションがわかる分、
逆に、みじめだなと思うんです。

たとえば、結婚していても夫婦の会話が全然なかったりとか、
仮面夫婦とか、
浮気とか不倫とかそういうのは、絶対嫌なんです。
最近よく言われる、結婚しながら外で恋愛するとかも、考えられません。(※そういう生き方をしてる人たちのことを批判する気はないです、ただ自分は おとめ座とかに座なこともあり、潔癖で純愛を求めているんですね。いまでも。)

考えかたとしては古風で保守的かもしれません。

かなり理想が高すぎるかもしれないけど、
この人!という人と一緒になって、溺愛されて、(自分も溺愛できる人と、)←私は欲張りです♡
本当にずっと、相思相愛で死ぬまで一緒がいいなって思っています。

そのために
このユキコ道のブログや成功者の体験談はすごく参考になりました。

ユキコ道 溺愛チェックリストで自分が何ポイント獲得かチェックしよう!

溺愛されて結婚したいという願望を持つ乙女としては、ユキコ道や、その基軸となる、溺愛チェックリストは非常に役に立つものです。

溺愛されたい女性のために、チェックリストを、シェアさせていただきます。

1『君と会うと時間を忘れる。時間がたつのが早くて困る』と言う。
2 口を開けば『××連れて行ってあげるね』『××買ってあげるね』。
3 外食の際『おなか、いっぱい?大丈夫?』『もっと食べなよ』と言う。
4 『もし、君が死んだら(いなくなったら)、僕はどうなってしまうんだ……』 と一人で考え、一人で落ち込む。
5 『ここは天国だから、どこにも行きたくない』 と、二人が一緒の時、部屋で言う。
6 『君って本当にお金がかかるなぁ』と、 満面の笑みで言い、喜んで支払いをする。
7 『こんな短いスカートはかないで』と懇願する。
8 『君にはかなわない、君の方が上手(うわて)』 と、まいった感じで言う。
9 『君は魔性だよ……』とポツリ。
10 『僕はもう君の犬だから』と喜んで言う。
11 『君は僕の宝もの』 (単に『もの』ではなく、かならず『宝』がつく)
12『君のことが本当に好きだから、体の関係はなくてもいい』と言う。
13『俺はなんて幸せ者なんだ』と半分涙目で言う。
14『君のことばかり考えている』と言う。
15 彼の友人に紹介されたら『ああ、お噂の……』 『いつも聞いてますよ……』と枕詞のように同じセリフを聞く。
16『愛している』『好きだ』を念仏のように言う。 もう、わかつたから!と言いたくなるくらい、しつこく何回も。
17『君に嫌われないように××しなくちゃ』と言う。 (例:仕事頑張らなくちゃ。スタイル維持しなくちゃ。勉強頑張らなくちゃ。)
18 たいしたことをしていないのに、 『君は優しいね』『偉いね』とよく褒める。
19 男性の名前を出すと「誰?その人」「好きなの?その人」と検察官並の問い詰め。
20『 僕は××だから…』と自分を卑下する。出会った頃の高飛車な態度など微塵もなく、すぐにシュンとする。
21 彼のほうが10倍忙しいにもかかわらず、 『忙しいのにメールありがとう。』 『忙しいの予定合わせてくれてありがとう。』 と感謝される。
22 公の場で『 君のことが好きって大声で言ってもいい?』と聞いてくる。
23 『もっと君に会いたい 』とデートのたびに言われる。
24 『 君のために死ねる』もしくは『もう何もかも失ってもいい 』と言う。
25『 俺はもう、おかしい』『俺はもう狂っている 』と、自ら認めている。
26 自分との共通点を見つけ、猿のようにキャッキャッと喜ぶ。
27 服装・持ち物・癖など、自分の真似をする。
28 自分の前で愛の歌を熱唱し、自分への想いを伝えようとする。
29 仕事の大事な付き合いでも最小限にして会おうとする。
30 とにかくよく体に触ってくる。離れようとするとますます近寄ってくる。
31 すきあらばキスをする。
32 車を運転している時に、片手運転で、もう片方の手で手を握ってくる。
33 待ち合わせに自分より前に到着。しかも上機嫌。時に、一時間前に来ていることも。
34 二人の関係を体目的に思われたくなく。会うたびホテルに行かないように工夫している。 (例︰会う前に10キロ走り、体力をわざと消耗。バーで度数の強いお酒を飲みわざと酩酊)
35 台風で交通機関がマヒしている時にも会おうとする。(しかも実際会いに来た)
36 病気の時に仕事をホッポリ出し、お見舞いに来る。そして彼は徹夜する。
37 命の次くらいに好きだったものを何も言わないのにあっさりやめた。 (例︰たばこ、お酒、ギャンブル。)
38 出張先に連れて行く。
39 自分は一回もメールや電話をしないのに、一日に五回くらいメールや電話をよこす。
40 彼のメールの内容が『好きだ。愛してる。会いたい 』と感情を表す。『君は××が素敵だ 』『 頑張っているね』と褒める。『今××にいます。これから××します 』と自分の予定を伝える。ほぼこの三点に絞られている。
41 自分の予定はほとんど話していないのに、 彼の予定はほぼ把握している。
43 二人の将来のことを勝手に想像して話し、勝手に喜んでいる。
44 デートで別れた瞬間(3分以内)にメールか電話をよこす。
44 とにかく何かプレゼント(誕生日、記念日はもちろん、デートのたびくらい)
45 彼は自己への出費は最低限にし、自分のために最大限使おうとしている。 (例:彼のランチは1000円でも、二人のディナーの予算の限度しない)
46 言うまでもなく、食事から旅行代まで全額、彼負担。
47 臨時収入があると、すぐに報告してくる。
48 付き合ってから自分の預金は増加、しかし彼の資産は明らかに減少。
49 一ヶ月の自由に使えるお金のほぼ100%近くを 自分に使ってくれている。 時にプレゼントや旅行で1ヶ月分を1日で使いきることも。 しかし、巷では『ケチ』で有名だったらしい。
50 あまりの入れ込みぶりに『この人、大丈夫かしら?」と不安になる時がよくある

男性が女性を溺愛していると、このチェックリスト(1項目1ポイント)がほとんど満点の50ポイントになるそうなんですが
このチェックリスト通りの行動をする男性なんか、ほんとにいるのかよっ!!
と疑いたくなるのは、
私がユキコ道を正しく実践できていないせいなのでしょうか・・・・・・・・?(笑)

婚活中の女性のみなさんは、今の彼は、何ポイント獲得でしたか?一緒に高ポイント獲得を目指してがんばりましょう!

ユキコ道 をしても 効果なしだった場合はどうする?

ただ単にそのひとと相性がよくなかっただけです

ユキコ道のルール どんなひとも、2か月で見切って、ハイ、次!です。

コラム。

男女の恋愛で好きになるときの差
特に男性は、タイプで女性をかなり見ますので最初にタイプでないとされたらそれが覆ることはないです。(しかもタイプの女性ならレベルは気にしない(笑))逆に女性は、どのジャンルの人でもいいからハイレベルなひとが好きですよね。
だから男性でモテる人はどこにいってももてるし、モテない人はどこに行ってもモテない。

でも女性には気に入られる市場がかならずあるので、(全員、あります。)
ひとつの市場でモテなかったとしても別の市場(コミュニティ)にいけばモテることは往々にしてあります。

なので市場開拓を頑張ってください!新しい出会いの場にどんどんでかけてください。
ユキコ道をしても効果がないのはあなたのせいではなく、単に好みの問題。
オードリー・ヘプバーンがマリリンモンロー好きな男性に好かれなかったからといって、
オードリー・ヘプバーンが劣るわけでもなく、もちろんその逆でもないです。ホント、ただの好みの問題だけ!!

だから、まさにあなたのことが好みの男性は絶対この地球上のどこかにはいる。
だからその人に早く出会うためにも、どんどん見切って自分にぴったりの男性に巡り合ってください。

ユキコ道はそのための効率化(時間)に対して大変優れていると思います。

ちなみに溺愛されて、結婚したあとについても、溺愛が続くかは心配するだけ無駄で、
溺愛されなくなった時点で見切る、というのがユキコ道です。(厳しい、と思いませんか?)

となると経済的自立は必須なんだよな~。

【補足】悩める女性へ。(私含む)
最近の目からうろこが落ちたパートナーシップについての新たな学び

私は最近ではユキコ道のほかにも、女性性と男性性についても学んだことにより、急激に自分の中で思考がアップデートされてクリアになってしまい、自分の押し殺していたほんとの気持ちや理想の世界に気が付きつつある今日この頃。意識してようがいまいが、本当今の現実は全部自分が選んでるそうなんです。

>>超最近、悩みながら勉強してノートにまとめた記事もシェアしますね。2017年の出来事ですが、当時付き合っていた彼に対して、
自分の現状を明らめて、理想の世界を見たときにこの人は違うと思ったからこそ、
私は何度も彼氏に別れる、と言いました。
でももしかしたら、私はユキコ道を知っていたから、そのセリフを言えば、彼がプロポーズしてくれるかも、と
淡い期待をのせていたのかもしれません。
そうでなくても、せめて引き留めてくれるのか、知りたかったのかもしれません。
私は”見捨てられ不安”という症状を持っていました。

また、彼氏が私に対して、”溺愛”でないのならば、”溺愛”してくれるひとと出会うために、
まだ彼に執着したい気持ちがあっても、ダラダラと惰性で付き合うのはいけない、と思って、
(女性はどうしても、妊娠出産に年齢の限界があるため、結婚に繋がらない相手ならば、モタモタして時間を無駄にするわけにはいかないのです。)
、その彼氏に別れを告げたのです。
でも見切ったときに、プロポーズをしてくれなかった彼だけど、自分のエゴかもしれないけど、できるならば、彼が溺愛してくれるように自分の努力次第でかえていけるのならば、【まだ、このひとと、いたい・・・】って思い、戻りました。
>>結局3月に私から一度別れを切り出し、自分から戻り、5月にも私から別れを切り出し、今度は彼が引き留めてくれ、
6月にまた、決定的なお別れになりました。

現在地をみたときに、わたしの理想【=ユキコ道でいう、溺愛】とは違うのを、もう自分では気が付いているのに、
どんな不満な現状にもそこには自分が設定しているメリット(でもそれは幻かも?)があって、

私の場合ですけど、彼に溺愛されていないけど、彼氏を失って、次にもっといい彼ができるかどうか、わからない、
不安を握り締めていたり。

でもそのまんま彼とあと数年ずるずる付き合って別れるような羽目になって、自分が若い時代の婚活のチャンスを失うことも、怖いことだと思います。

で、私は、本当の本当はどうしたい?

私は溺愛が本当にされたいので、そういう意味で溺愛される結婚生活はやっぱり譲れないかな。
もし彼が溺愛してくれないならば悲しくても 新しいひとをさがさなくてはいけないし。

ならば、新しいひとはどんなひとがいいかな?
私が本当に求めている理想の男性ってどんな男性なのか?
も、当時考えてみました。

    • 在り方。
      • 私を溺愛してくれるひと
      • ★お付き合いをして、短期間でプロポーズをして結婚してくれるひと
      • 世界中にただ一人しかいない私の魅力を分かってくれるひと。
      • 同じ人はいないなかでも、相手に応える気持ち・歩み寄ることのできるひと
      • 約束の時間に間に合い、必ずきちんと来てくれるひと。
       
      • 一途で誠実でほかの女に目もくれないひと(元カノの話をひとこともしないひと)
      • 朝から晩まで、できる限りの時間いつもそばにいてくれるひと

      • 活動的で、休日の外デートが多いひと

      • 記念日には、高級ホテルやレストランを予約して、花束と手紙をくれて、サプライズをしてくれるひと。
      • 自分のことも許して、相手のことも許せるひと
      • 信頼できて、いつも二人の心が、繋がっているという安心できる感覚をもてる人
      • 一緒にいて魂が喜ぶ感じ、わくわく、どきどきして、笑いが絶えない、会話していて楽しいひと
      • 食事中テレビやケータイばかり見ないで目の前の相手を見て会話ができるひと
      • 私の都合のいい場所まで迎えに来て、送ってくれるひと
      • 支払いを喜んでしてくれる・100%必ずご馳走してくれる甲斐性がある
      • 結婚後家計を任せてくれるひと。→これは今思えば不安からきているダミーの条件かも。

      言葉に出していつも必ず好きと言ってくれるひと。
      • 名前で、ちゃんと呼んでくれるひと(愛情をこめて)
      • 人に溜息をつかないで、言葉で伝わるように伝えようとするひと

    • 〇〇をたくさんしてくれる&〇〇てくれるし相性のいいひと
      • アニメ好きじゃない人
      • UnderHairがあっても、なくても、胸が小さくても年を重ねても、いくつになっても体型が崩れてきてもありのままのわたしを好きでいてくれて心から溺愛してくれるひと
      • 歯並びがいい

家族(私とつくっていく新しい家族)を一番大事にしてくれるひと

中身が高尚(低俗なゲスの反対)
奥さんをめっちゃ大事にする(結婚後)
男気がある(大胆な決断もときにはする)
スマート

  • 一流
  • 文才がある
    声が優しい(話し方)
    イイ男
    繊細さもある
    芸術が好き
  • 懐が大きい

これは、私のこれまでの恋愛経験から、自分の好きとキライを明確にして盛り込んで考えて詰め込んだものですが。

これをみて気づいたことは、自分が出来てもいないことを相手に求めてばかりいる点。
歴代の彼氏に対して嫌だったことをベースに考えたのに、自分の嫌なところが出ているな。ってこと。
完璧ではない自分を許せなくて、パートナーで穴埋めをしようとしていた

たとえば、私は身長が157㎝くらいなのですが、母は160以上で、私自身もう少し(160は)身長がほしかったので、自分の背が低いというコンプレックスがあるために、相手には高身長(遺伝とかまで考えて)がいいなと思ってしまったり。

でもこれって、今の自分では完全でない、という穴埋めの思考からくるのかな?

これは幼少期からの親の期待に応えようとしてきた私の長女の気質もあるかもしれません、

高学歴の人を好むのも自分が国公立大学(阪大とか神戸大学に行きたかったけど行けなかったとう挫折感からの穴埋めを相手に求めていたのかも。)

それとか、彼には高身長を求める(歴代の彼氏みんな背が高いです)けど、自分は相手の身体的特徴に高望みをしているのに、自分は、胸のサイズとか聞く男性が大っ嫌いでそんな男性に対してデリカシーがない、低俗だ、と考えていたり。

でもね、最近わかったんだけど、女性は、自分のできないとことか、穴は埋めようとしないでいい、穴を全部うめて完全無欠人間になってしまえば、パートナーが入るすきまがなくなるんだって。


この太極図でいうと白が女性ならば、白が面積でかくなりすぎたら黒(男)がこれないか、そこにこれる男性ってなると女性が強くなりすぎたら、めっちゃ小さい黒がきたりとか。笑
たとえば、穴埋めをがんばるあまり、白の面積がでかくなる(無理してがんばりすぎた女性の状態)と、その隙間には男性がこれなくなるか、本来の自分の力を発揮できていない、男性になってしまうかもしれない。

女性は虚無感を抱えたままでもそれは別にいいこと。虚無感はかかえたままでもいい。

そもそも女性は体に穴=空(くう)があるから宇宙と繋がれる。子供も産める。握りしめるものはこの世にはなくて在りっぱなしでいい。
握りしめようとしなくても湧いてくるし、湧いては、消えていく。通りぬけていく。すべてのものが・・・

条件だけにとらわれすぎるのも大事なことを見落としてしまうかも?

男性に対して上っ面のスペックだけを見るのではなくて、人間として、どういうスタンスで生きているのかっている在り方のほうが大事
もちろんいい条件も、人間としての魂のレベルっていうか性質も両方あるに越したことないけど、
どちらかといえば、在り方のほうが大事ですね。
自分と同じ人間などいないなかでも、お互いを理解しようと、わかろうとできるひとなのか、
つまり、相手は、歩み寄ろうとできるひとなのかどうか?ってこと。

自分の「がめつさ」に気づく。 自分が何も行動もしないのに、成果だけを求めるのは×

ユキコ道のルール 男性に対して一切の要求 要望 禁止!! ○○してちょうだい、等 連絡、プレゼントetc・・・

あ、自分は誕生日にサプライズされたいとか高価なプレゼントほしいと思うけど、相手にしてあげてなかったな~、とかいろいろ気づきました。なのでプレゼントしたらしてもらえました。(注意*ユキコ道的には男性には、自分から男性に一切プレゼントはしなくてもいいし、プレゼントなどしなくても、プレゼントしてもらえるのが溺愛なんですが・・・w)
まあプレゼントについては、男女の差があるからおいといても、

私の場合だと、自分は遅刻するのに、相手がたまに遅刻したら、とても嫌だっり。
だったら自分がまず遅刻しない人間にならないと、
自分が求めているような人とは波動が合わないので当然、相手にされませんよね。

理想の世界にいくために、まずできること・・・自分の中の女性性の声を聞こう。

これから、私の望む世界にいくためには、その世界から、選ばれなければいけないのに、
選ぶことすら、させてもらえていない現実を明らかに見ました。

そのためには、自分の中の女性性が感じたこと(=心の声、インスピレーション)を
思考(意識)で抑え込まず、
自分の男性性で小さなことからでもいいので行動し、かなえてあげる必要があります。

今の現状は100%実力MAXの自分で叶えた世界。
でも、なんでもぜ~んぶこれからは選べて、自由なら、どう在りたい?  どう設定する?

実は全人類がみんな100%引き寄せは成功していて、
不満に見える現実でもそれを無意識だとしても選んでいるということはその現状にメリットがあります。

例えば、現状がいやでも、行動することによる未知の世界への不安や、恐怖のほうが大きい、
など。これまで何らかの自分のつくったメリット=幻 のために望まない現状を選んでいるのだとしたら、

もう、これまでとは、設定を変えるしかない、と気づいた。
自分自身が、これまでと同じ選択をしていては永遠に変わることはできない、と気づけた。

だからまず、自分の理想はどんな人生なのか、
自由に描いて言葉だけでも並べて紙に書き出してみましょう。
誰にも見せなくていいのですから。
紙にかけば神が叶えてくれます。
だじゃれじゃないですよ、本気です(⋈◍>◡<◍)。✧♡
願いが叶うプロセスは不思議で、方法もわからないまんま、
ただ紙に書いていただけ名なのにしばらくたって見返してみると
私自身も、すごく叶っていたということが往々にしてあります。
わたしもまだまだ願いを宇宙に貪欲に放ち続けますよ🥰かるーく♪
私は、もっと豊かで、もっと、溺愛がいいな~♡

理想の男性像を考えてみるの、おすすめです。

The following two tabs change content below.

まい ~異世界にアクセスする人~

関西大学法学部卒。個別指導塾の教室長、フィリピン留学などを経て、2017年~2021年夏まで、米国資本の外資IT企業での営業職で正社員として働く。2017年~個人事業主として開業。事業内容は、不動産業、ITの業務委託などをしていた。現在は、全ての人が、生まれながらに持つ、自分の魅力を開花して、楽しく生きれる世界の実現のため、クライアント様が自分の魅力を発見して活かすために全力でサポートしている。アメブロ読者2000人。恋愛、仕事、人間関係のすべての悩みの根幹にアプローチする、Zoomでのオンラインセッションが大好評。お申し込みは各種SNSのダイレクトメッセージより承ります。

1 個のコメント

  • こんにちは、ゆきこ道で辿り着きました。かれこれ大学生の頃から10年程、蔑ろにされる度に中途半端ゆきこ道をしてきました…今の彼とは3年半付き合っていて蔑ろ状態だったのでゆきこ道を始め1ヶ月になります。仕事が忙しいのは分かるけど私から連絡しないと一週間は平気で放置されることに限界でした…ゆきこ道をしている今も前回会ってから連絡なしで5日目になります…こんなことが毎回てます。昨日自分から1ヶ月ぶりに連絡してしまいましたが返事一向になしです…仕事も落ち着いているはずなのに…と落ち込んでいます。
    送らなければよかった!ゆきこ道違反してしまった!と後悔です…連絡頻度も会う回数も減って本来なら既に見切らなくてはいけないはずなんです…2ヶ月で見切ることはとても難しいです…😭
    ゆきこ道ブログがなくなってしまった今こうして同年代の方の体験談ブログがあるとすごく励まされます!またお時間ある時に更新してくださったら嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    関西大学法学部卒。個別指導塾の教室長、フィリピン留学などを経て、2017年~2021年夏まで、米国資本の外資IT企業での営業職で正社員として働く。2017年~個人事業主として開業。事業内容は、不動産業、ITの業務委託などをしていた。現在は、全ての人が、生まれながらに持つ、自分の魅力を開花して、楽しく生きれる世界の実現のため、クライアント様が自分の魅力を発見して活かすために全力でサポートしている。アメブロ読者2000人。恋愛、仕事、人間関係のすべての悩みの根幹にアプローチする、Zoomでのオンラインセッションが大好評。お申し込みは各種SNSのダイレクトメッセージより承ります。